特定非営利活動法人 建築マイスターネット

トップ自然災害日本 いかに向き合うか?

自然災害日本 いかに向き合うか?

「自然災害日本 いかに向き合うか?」冊子発行にあたって

惑星の一つとして生命を持続するために、地球は環境のバランスを保ちつゝ活動してい ます。その殻動が、人間に対して自然の猛威として災害を起こします。人間は無力がゆえ に自然災害には立ち向かって防ぐのではなく、被害から遁れる準備と被害を如何に減らす かを考えることが大切です。巨大な自然災害には、人間一個人では無力です。人間は、家 を原単位として、地域社会を構成し、ネットワークを形成しながら相互に助け合い生き延 びるDNAを持っていてコミュニティを形成し、生活の持続的計画を醸成していくことが 出来る生き物です。
地球規模で自然災害が多発するなか、特に地震災害の多い日本では、そのトップランナー として、常に日頃から「備えあれば憂いなし」の気持と、「いざ遭遇した時の互助」の気配 そして「米軍の友達作戦(Operation Tomodachi)」の実行力など「復旧・復興のWe are all friends」の精神をもって、災害への向き合い方について、以下目次の諸問題について 深堀りし考察してみました。
ぜひご一読の上、御意見を賜ります様お願い致します。

2020年3月
NPO法人建築マイスターネット 理事長 小笠原攻

目次

1. 日本で発生した主な自然災害の歴史(PDF:562KB) (担当 野村建吉)
2. 地震と津波の発生の要因と被害(PDF:501KB) (担当 野村建吉)
3. 地震災害の発生予測と確率(PDF:931KB) (担当 作田久尚)
4. 地震災害と住まい(PDF:553KB) (担当 小笠原攻)
5. 地震災害と自助、共助、公助(PDF:399KB) (担当 小室武人)
6. 被災後の公助支援と保険(PDF:559KB) (担当 田中理夫)
7. 防災リテラシーの持続性の維持(PDF:349KB) (担当 小林光義)
(巻末)災害に対応した被害者住宅の時系列的フロー相関表(PDF:250KB)  
  • 自然災害日本 いかに向き合うか?
  • 超高齢社会の暮らしと環境
  • 少子化・高齢化社会における住まいと環境
  • 歩いて楽しい街づくり
  • エコの住まい
  • のったり通信